ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

MENU

38名のアンサーズがお待ちしております

 2023-07-20

百年の不倫愛も冷め、別れが早まる 既婚男性に嫌われる女性側の不倫リテラシーの欠如とは?

不倫恋愛をしている独身女性がうまくいかないと悩むとき、圧倒的に多い悩みは「彼が奥さんと離婚してくれない。」、または「連絡、会える頻度、彼の熱量が減った。もう私に飽きた?嫌われたのでしょうか?」、この二つです。もう、ほぼこのどちらかだと言っても過言ではありません。

この悩みが長引くと、女性の自己肯定感が下がり、喧嘩が増え、あんなに楽しかった関係が変わってきます。そして彼の冷たさ、失礼さ、「嘘」ばかりが目につくようになり、いろいろと努力しても心から愛しても報われない悲しさ、みじめさ、怒り、怨みといったマイナスの感情でいっぱいになり…。女性が自分の感情をコントロールできなくなった時点で、ヒステリー、彼を責める長文鬼LINE、彼の仕事中や家族団らんの時間に鬼電話、脅すような発言、あるいは彼の家庭を脅かすような行為などをしてしまいます。

こうなると彼は物理的にも精神的にもますます距離を取るようになり、「本当に」不倫相手の女性のことを嫌いになって(あるいは怖くなって)別れることを決意します。このパターンで自滅してしまう女性は少なくありません。一般の恋愛でもそうですから、我慢することや不安の多い不倫恋愛では猶更でしょう。これは非常に残念なことです。もし女性が不倫リテラシーを正しく理解していれば、そのような【絶対してはいけない】NG行為を連発せずに済み、大好きな彼とつながり続けられたからです。

「男性が必死で追いかけてくる恋愛をできない女性はプリンセス失格」このルールズは本当に正しいのか

そのような相談者様たちに共通しているのは、「男性が前のめりになって追いかけ続けてくれる関係が正解」と思い込んでいることです。

皆さんは1995年に初刊が発売された「ルールズ」という恋愛指南本をご存じでしょうか。「理想の男性と結婚するための35の法則」と題して、意中の男性を射止めるにはどう行動するべきかを教えた本です。実は多くの恋愛攻略本やネット上の恋愛の教えが、このルールズに基づいていると言われています。「追わせる」「沼らせる」「溺愛される」、「LINE(当時はメール)は、こちらからは送らず、向こうからきてもしばらく放置して返信しない」「週末のデートは、水曜の夜までに誘いがなければ断る」「デートは必ず自分の家に近い場所で、呼び出されて都合よく相手の近所までわざわざ行かない」など、見たり聞いたことがあるのではないでしょうか。男性は本当に大切に思っている女性には、花束やロマンティックなプレゼントをしないといけないし、女性はかいがいしく手料理を作ってはいけないし…、ざっくりまとめると「都合のいい女は安い女」「男性に追わせて尽くさせてこそ、価値ある女性」というものです。そのためには見た目を磨き、いつも忙しくして、穏やかで感じよく、しかし彼にそれほど興味がないフリをしなくてはなりません。

世の中にあるほとんどの恋愛テクニックはこれに似た内容です。そして成功した愛され女性が発信するSNSには、どれだけ男性が時間、お金、労力を自分にかけてくれているかのマウンティングがあふれています。

この理論を単純に当てはめると、既婚男性と不倫して、未読・既読無視される、週末やクリスマスには会えない、カップルらしいデートができない、なかなか会えず会えてもSEXするだけと悩んでいる女性は、完全に都合のいい女で負け組、英語で言うルーザー(Loser)ということになってしまいます。

しかし本当にそうなのでしょうか。この理論はもう30年近くも前のものです。30年前と今では、社会情勢も大きく異なります。そしてさらに作者が言うとおり、これは「私たちの母や祖母が言っていたルール」なのです。50年、下手すると100年近く前、「安定した家庭の幸せな主婦になるため、大事にしてくれそうな優良物件の独身男性を判別して、無事に結婚する」方法なのです。これは、既婚男性と不倫恋愛している女性とはまったく状況も立場も異なります。

既婚男性にとって不倫リテラシーがない女性は絶対NGな地雷

既婚男性が不倫に走る理由はいくつかあります。まず最初にくるのが性的な好奇心です。これには拒否反応を示す女性もいるかもしれません。ですが、男性は初対面でイケるかイケないかを判断しますし、このイケるという意味は、ズバリ言ってしまうと、その女性とSEXできるかどうかです。ここがNoなら不倫は始まりません。不倫のはじまりは性欲だということを、認めてしまったほうが話がスムーズです。この男性心理を理解せず拗らせてしまうと、その不倫カップルは別れます。

ただしワンナイトや数回のSEXで終わらず、つきあい続ける不倫カップルの結びつきはSEXだけではありません。必ず既婚男性側の心理に欠落や穴があります。家庭で居場所がない、安らげない、ときめきやドキドキ感がまったくない、男性として見てくれない…、一生、そのままでいるにはつらすぎる何かしらの問題があるからこそ、その心の隙間に不倫恋愛が入ってきます。

同時に既婚男性にとって不倫をする上で最も避けたいことは、ストレスとトラブルなのです。ストレスとは具体的に言うと、次のようなことです。

家では妻がギャーギャー言う。不倫相手も「離婚してくれない」「奥さんと私とどっちが大事なの」「嘘つき」とギャーギャー言う。あれもこれも皆、面倒臭い、もういいやとなってしまいます。
自分は仕事が大変でクタクタなのに、休めない。責任や仕事量が少ない不倫彼女が「〇〇に行きたい」「会いたい」「もう私の体に飽きた?」「〇〇して欲しい(時間、労力がかかること)」と要求し続ける。年の差カップルならさらに体力差が生じます。
高収入で、かつ自分の自由になるお金がふんだんにある既婚男性は一部です。世知辛いと思うかもしれませんが、金銭的にキツくなってしまうと継続が難しくなります。そして多くの男性は最初は格好をつけてムリします。
趣味や友達づきあい、旅行、転職などしたいことの邪魔をされる。
多すぎる連絡。
彼女がセックスしたがらない。セックスがマンネリ。
女性側の下心が見え見えの「別れるフリ」や「他の男がいるアピール」。


またトラブルとは次のようなことです。

妻にバレる。
職場にバレる。
仕事の邪魔をされる。
まだ決心がついていないのに、不倫相手から妻との離婚を迫られる。
不倫相手の女性がメンヘラ化する。


女性側からすれば「最初はしてた癖に」、「自分がするって言った癖に」、「誰のせいでそうなったと思うの?」、「何を勝手なことを」と言いたいところですよね。お気持ちはわかります。しかし既婚男性は、与えられる時間や労力の少なさに不満を感じている女性からの「最初はしてた癖に」、「自分がするって言った癖に」、「誰のせいでそうなったと思うの?」、「自分勝手」、「なんで私ばかり我慢しなきゃいけないの」…といった言い分に、口にこそ出しませんが、「だって、俺ら不倫じゃん。最初からわかってたことだよね?それならやめれば良くない?」と考えてしまうのです。

なので、相手の平和を壊すような行為は、既婚男性と恋愛するなら絶対にしてはいけないのです。この不倫リテラシーに欠けていると、間違いなく二人の関係をどんどん悪くし、最終的には彼から嫌われ別れることになってしまいます。保証します。彼がどんどん冷たくなる。ある日、ブロックされてしまう。そんな風にはなりたくないですよね。



実は、最近、ダブル不倫が増えています。そしてダブル不倫は、既婚男性と独身女性の不倫関係に比べても、長続きする傾向があります。お互いの家庭を守りつつ限られた時間を目いっぱい大切にしようとする既婚者同士の場合、この不倫リテラシーが高いのです。

不倫リテラシーは、自身のメンヘラ化を防ぐためにも重要

ここまで読んで、そんな不倫リテラシーはフェアじゃない、既婚男性ばかり得してると感じた方もいるかもしれません。今、腹が立って腹が立って仕方がないという方は、既に様々な努力をされてきたからこそではないでしょうか。連絡を控える、会いたいけれど我慢する、吐き出したいひどい言葉を9割グッと飲み込む…。なのに報われなかったとしたら。自己肯定感も削られますし、気持ちも穏やかではいられません。人間だもの。電話相談の向こうの相談者様の話を聞いていると、「よく頑張りましたね」とギュッとしてあげたくなることがあります。

でも恋愛でメンヘラ化して、いいことは一つもありません。NG行為を連発して、最後は自爆してしまうのがオチです。まして不倫関係は、最初からフェアではないのです。別れても、彼には奥さんがいます。家庭があります。彼は複数の女性を相手に、自分の時間やエネルギーを分け与えますが、その配分は正直言って彼のその時の気分や都合次第。既婚男性が離婚し貴女と人生を歩もうと決意することは、女性側が思っている以上に大変なことで、時間がかかるんです。フェアではない関係だということを受け入れることから、本当に長続きする不倫恋愛も略奪愛もスタートします。

貴女の不倫恋愛がうまくいかないのなら、既婚男性の目線に立った不倫リテラシーを理解することが必要です。不倫リテラシーの理解は、自身のメンヘラ化スパイラルを防ぎます。とはいえ、うまくいかないと悩んでいる当事者が、男性都合のあれやこれやを一人で理解して腹落ちさせ、状況分析しながら継続するのはとても難しいです。自分のメンタルがコントロールできない、爆発してしまいそう。そんなときには、アンサーズの電話相談へ。相手が嫌がる、取返しのつかない暴投をしない。これが嫌われないための一番の方法です。

この記事を読んで悩みを解決したいと考えた方へ

恋愛の悩みは誰にでもあり、誰にでも相談出来そうで実は「解決できる」相談場所は多くはありません。
お悩みの種類も多くに渡り、友人や家族に相談出来ない不倫や、あなたの再出発を願うからこそ応援されない復縁や、知り合いだからこそ話せない事情など…人それぞれあるでしょう。

ですが、諦めようと思っても諦められないから、こちらのページに辿り着いたのだと思います。

その恋を必ず叶えたいとお考えであれば電話恋愛相談『アンサーズ』にご相談ください。

アンサーズにはこれまで20年以上、恋愛問題に向き合ってきたあらゆる恋愛のプロフェッショナル達が揃っています。
「こんなアドバイスがあるなんて!」そう思えるカウンセラーがきっと見つかります。

アンサーズメンバー一覧はコチラ

ご自身のお悩みにあったカウンセラーが知りたい方へ

あなたに合ったカウンセラーをコンシェルジュで一発検索!
あなたの状況の場合どのカウンセラーに相談したらいいかがLINEコンシェルジュですぐにわかります! 以下のリンクよりコンシェルジュLINEアカウントを友達追加してご利用ください!

アンサーズコンシェルジュ(LINE)

アンサーズ事務局

アンサーズ事務局

不倫・復縁に悩むあなたへ。
彼に離婚を決意させる接し方、彼が連絡したくなるLINEテクニックなど20年以上1万件を越す恋愛相談の中で蓄積したノウハウで全ての悩みを答え(アンサー)に導きます。

今なら新規登録特典3000円無料クーポン配布中!
アンサーズへの相談はこちらから!
初めての方無料会員登録
ログイン