ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

MENU

 2019-12-31

連絡頻度を下げることが相手の気持ちに及ぼす心理的効果を分析

アンサーズコラム編集部です。

不倫において相手の温度を上げたいときは、連絡頻度を下げて距離を置くことが効果的です。弊社のコラムでも、度々そのテクニックをご紹介してきました。

読者の皆様からは

「そっけなかった彼から誘いのLINEが!」
「たった数日で効果がありました!」


などなど、嬉しい反響が日々寄せられています。

でもそれがなぜ効果的なのか、メカニズムを理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、連絡頻度を下げることが相手の気持ちに及ぼす心理的効果について、エースカウンセラーの水沢さんに解説してもらいました。

不倫する男性の本性とは

不倫で最も多いのは、独身女性と既婚男性というパターンです。

不倫のほとんどは、既婚男性から独身女性を口説き落として始まっています。

独身女性から既婚男性にわざわざアプローチをすることは、ほぼありません。女性にとってはリスクしかないので「ぜひ不倫してみたい」という女性は少ないのです。

不倫が始まる前、男性は「俺は既婚だしどうせ振り向いてくれない」と思いながらアプローチをかけています。「間違いなく落ちるな」と確信しているわけではありません。「俺結婚してるけど付き合って」と言って叶うものではないからです。女性から「なに言ってるんですか、結婚してるじゃないですか〜」と笑って切り捨てられることも考えられます。

男性は奥さんと上手く行っていないことをチラつかせたり、仕事の悩みを聞いてあげることを口実にしたりと、女性と関係を持つためにあの手この手で努力しています。

「結婚してる俺なんかとは仲良くしてくれないだろうな。でももしかして…」と楽しみを感じています。最初は軽くあしらわれても、「俺は真剣なんだけど」「でも好きになっちゃったんだからしょうがないじゃん」などと女性が喜ぶようなセリフを言ったり、熱心に口説く期間が必ずあります。

つまり、不倫カップルは男性が不利な状況からスタートしているのです。

不倫に手を出す男性は「手に入らなさそうなものにちょっかいを出すのが面白い」というタイプの男性です。あまり相手にしないあなたを必死に追いかけたいのが、彼の本性なんです。

彼の熱が冷めてしまう理由

ところがいざ不倫が始まると、最初は優位だったはずの女性に欲が出てきます。セックスで情が芽生えてもっと会いたい気持ちが強くなり、「私の方が好きになっちゃった」という状況に陥ります。

女性は月日を重ねるごとに感情が育つのに対し、男性は始まりがピークです。そのあとは現状維持で、感情はあまり育ちません。そこで2人に温度差が生まれます。

気付けば女性からの連絡頻度が高くなり、「もっと連絡が欲しい」と求めるものも大きくなっていきます。彼は付き合うまでに全力を注ぎ切っているので、良くても現状維持、だんだん下降していきます。不倫において男性はスプリンターです。スタートダッシュが一番強いのが男性なのです。

女性からの連絡が増えると、男性は「面倒臭い」という気持ちになります。もともと不倫をする男性は「手に入らなさそうなものに燃えるタイプ」です。女性からどんどん連絡が来ると、燃えるポイントがなくなってしまうのです。男性は追いかけたいのに、女性から追いかけてくるので追いかけようがなくなってしまいます。「俺そういうのはあんまり好きじゃないんだよなあ」という、げんなりモードになってしまうのです。

連絡頻度を下げると彼に起こる変化

そこで連絡を控え、距離をあけると、男性の気持ちに変化が起こります。

「昨日まであんなにLINE来てたのに来ない…」
「なんで?まさか俺のこと嫌いになったとか?」
「いや、それはないよね…」

などと悶々とし始めます。

それでも2日3日と連絡が来ないと

「やっぱり俺が既婚だから見切りつけられたのかなあ…」

と勝手に考え始めます。不倫前の当初の気持ちに戻って、彼のちょっかい出したい欲がくすぐられ、

「ねえ、何かあったの?」

と男性からLINEをせずにはいられなくなります。不倫をする男性は「手に入らない女性を追いかけたいタイプ」が多いので、高い効果が期待できるのです。

連絡頻度を下げたら彼がまた燃え上がって、また女性が連絡を頻繁にするようになると彼の熱が冷める、というのは不倫あるあるです。

エサを与えていれば「お腹いっぱい」と別の方を向くのが男性です。交際を継続したいなら、こちらが一歩引いていた方が関係は続きやすくなります。

つまりこれは1回やればOKというテクニックではありません。男性から追いかけてほしいなら、常に連絡を控えて彼のお腹を空かせておくことがポイントです。

あなたのゴールはどこですか?

「追いかけられたい」と言いながら、自分が追いかけていないと不安という女性もいます。自分の精神安定のために追いかけたいのであればそれでもいいと思いますが、相手から追いかけて欲しいのに「自分も追いかけたい」という願いは矛盾しています。彼に追いかけてほしいなら、自分からは連絡しないという辛いルールを守らなければいけません。

「彼と距離をとるのが辛い」という人は、改めてあなたのゴールをどこにしたいか、よく考えてみてください。追いかけていると安心するという女性に「連絡を控えてください」というアドバイスはできません。

あなたが一番大事にするところ、優先するところが見えていない中途半端な状態だと、辛くなってしまいます。

連絡を控えるのが辛いという女性であっても
「彼に追いかけてもらうには必要なアクションなんだ」
としっかり理解できていれば辛くありません。目的に向かって動いている充実感を見出すことができるのです。

ゴールが見えなくなってしまっているあなたへ

アンサーズではカウンセラーが相談者様の今いるステージを見極めて、今のあなたに必要な調整をお手伝いします。

そもそも彼に追いかけてほしいのかどうか、相談者様の求めているものを一緒に見極めます。「彼に追いかけてほしいけど今は連絡を我慢できるほど強くない」という方であれば、連絡をとらないことに慣れていくリハビリ期間を設け、メンタルを作ることから始めていきます。

彼との関係を変えるには距離を置くことが有効ですが、状況によっては距離をとらない方がいい場合もあります。気になる方はお気軽にアンサーズへご相談ください。

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

少し自己紹介をさせていただくと、
私たちは電話相談サービス『アンサーズ』です。
数十名のカウンセラーに、あらゆる恋愛にまつわる悩みを相談することができます。

アンサーズが他の恋愛相談サービスと大きく異なる点は、
「具体的に実践できるアドバイス」を行うことです。
なぜ具体的なアドバイスができるのかというと、
これまで20年間『恋愛工作』といって、私たち第三者がお相手やその交際相手に接触して、心理誘導しながらみなさんの望む状況をつくりだすサービスを行ってきたからです。
人の心はどうやって動かすことができるのかを考え続け、あらゆる試みを行ってきたからこそ実感を持ってアドバイスすることができます。

「なんでそこまで分かるんですか?」

と驚かれる私たちの心理分析を是非体験してください。
こちらのページでカウンセラーのプロフィールを紹介しているので、ご覧ください。

水沢 翔子

水沢 翔子先生

現役の別れさせ・復縁工作員。
これまでに関わった工作は120件以上。
AbemaTVやナカイの窓 にもプロの別れさせ屋として出演し、大きな反響を呼び、水沢指名の相談も後を絶たない。
男性・女性問わず数々のターゲットに直接接触し、心理誘導や心理分析を行う中で培ったノウハウを活かしたアドバイスは結果が出ると常に高い評価を頂いている。
また、状況を好転させたり、お相手に働きかけるテクニックだけでなく、クライアントさんの活かすべき部分や改善すべき部分を見抜くことにも長けており、「水沢先生と話すとなぜだかモテるようになる。」と言われているカウンセラー。
好きな相手をオトすテクニックも机上の恋愛論ではなく、「実際に工作で行ない、効果があったもの」からチョイスされるため実践し易いというのも特徴。