ANSWERS アンサーズ
ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

 2019-04-22

冷却期間をへて再アプローチへ。復縁のきっかけをつかむ方法

アンサーズコラム編集部です。

アンサーズには復縁のご相談もよくいただきますが、私たちは

「復縁を目指すなら、冷却期間=マイナスの感情を一旦リセットする期間が必要」

とお話ししています。

冷却期間、さてその後は?

別れる時に喧嘩してしまった。
未練タラタラで、すがってしまった。


それに対して相手が持っている負の感情を、数ヶ月かけて冷却します。

さて、冷却期間を経てゼロベースになったとします。
負の感情もやわらいでいる状態です。

そこから復縁のきっかけをどう掴めばいいか、というご相談も多いのです。

「どんな言葉をかけたら復縁に向けて進めるのか」
「気持ちをどうやったらこっちに向けられるのか」


結論から言うと、この考え方では復縁のきっかけをつかむことはできません。

もちろん相手と復縁したいという気持ちは持っていてもいいのです。
ですが、「相手に対する自分のアクション」によって振り向かせようという考え方では、うまくいきません。

じゃあ、どうすればいいの?

そうではなく、「相手が振り向いてしまうような状況」を作れないと、復縁のきっかけはつかめないのです。

相手が振り向いてしまうような状況とは何でしょうか。

それは、あなたが魅力的になっていることです。

見た目が変わっている。
仕事をすごく頑張っている。
そして何より、生き生きしている。


中身は何でもいいです。
自分自身が成長できたと思えるようなことであれば、何でもいいのです。

それはオーラとして周りの人に伝わります。
それが、復縁の何よりのきっかけとなるのです。

あなたがもし、連絡の取り方や会った時の振る舞いで元カレ元カノの気を引こうとしているなら、その方法ではうまくいきません。

気持ちを自分に向けてみてください。
自分と向き合って努力した分だけ、復縁は近づきます。

それでもどうやって自分と向き合えばいいかわからない方、どこから努力を始めたらいいかわからない方は、アンサーズへお気軽にご相談ください!

後藤 美和

後藤 美和先生

年間600件以上の相談を受けるカウンセラー暦15年の大ベテラン。
後藤を支持するクライアントさんの年齢層20~60代と最も幅広い。
状況を立て直すアドバイスだけでなく、クライアントさんも気付いていない感情を引き出すことを得意とし、一緒に笑い一緒に泣けるカウンセラーとして大活躍。

後藤さんと話すとなぜか涙が出て、その後すっきりする。と言われることも多い。
事務所宛にお礼の手紙やファンレターが届くほど熱心なファンが最も多いカウンセラー。