ANSWERS アンサーズ
ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

 2017-12-13

◎付き合って半年の魔物

恋愛相談専門のアンサーズです。
付き合い始めてから3の倍数で別れる危機が訪れる。

昔からそんな話ってありますよね。
どこに根拠があるのかと言われると、正直なんとも言えないですがあながち間違ってはいないようなと思うこともあります。

アンサーズでは不倫で悩んでいる方からの相談も多くいただくのですが、
不倫で悩んでいる独身女性には特にこの「3ヶ月、6ヶ月」の法則が当てはまります。

まず、付き合って3ヶ月後のお話。
これは単純です。
付き合い始めて最もラブラブな時期が一旦落ち着く時期です。
ここまでは、不倫に関係なく世のすべてのカップルにいえることですね。

ラブラブ期が落ち着いたからといって、関係が悪化するわけでもありませんし、むしろお互いのことを知って、しっかりと付き合い始めるのが3ヶ月経ったあたりからなのかもしれません。

ただ、不倫しているカップルにとってはちょっと状況が変わってきます。
3ヶ月経ったころ出てくるのは、いわゆる"あの話"です。

今後どうするのかという、お話です。
「離婚を考えているの?」
ここまで直接的な話が出るかは別として、これからどういうスタンスで付き合っていくのかという話になるのはだいたい3ヶ月が経った頃でしょう。

そして、男性によってはこういう話をする人が出てきます。
「いつとは約束できないけど、君とのことをしっかり考えているよ」
この一言に、すごくすがってしまう女性が多いんです。

でも、男性は計画的な何かを考えてこの発言をしているわけではありません。
むしろ、その場の雰囲気をなんとかするための場当たり的な一言という感じです。

でも女性としては
「私との将来のために、離婚に向けて動き出してくれるのかな」
と考えてしまいます。

そして、「あれ?何も変化がないな?」と感じ始めるのが、半年経ったころなのです。
これが半年の魔物です。

「結局、口ばっかりで何も動いてくれてない。私とのことどう考えてるの?」
「そんな簡単な話じゃないってことはわかるだろ」
と喧嘩になりやすいのが付き合って半年なのです。

不倫関係を始めてから半年の方の相談が多いのは、こんな流れになっているからです。
でも3ヶ月経った頃の男性の
「いつとは約束できないけど、君とのことをしっかり考えているよ」
を根拠のないものだと理解できていれば、そこまで感情的になることもなかったかもしれません。

もし不倫中にあって、男性からこのような気を持たせることを言われている方がいたら、話半分にしておきましょう。
本当に男性が決意したときのオーラはパートナーであるあなたは感じ取ることができると思いますから。