ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

MENU

 2017-04-14

◎2番目の女にはもう絶対ならないための恋愛術

恋愛相談専門のアンサーズです。
今日は恋愛するといつも2番目になってしまうという女性に向けたお話です。

アンサーズに恋愛相談に来られる方の中に、
「2番目でもいいからもう一度付き合ってほしい」
と相手に話をしてしまう方がいます。
一方で、ご本人は望まずともいつも2番目の存在になってしまうという方もいらっしゃいます。

当たり前ですが、こういった相談者さんが願っていることは一つ。
「相手にとって一番の存在になりたい。」

まず、「2番目の女性」となってしまう理由について、
残念ながらこれは相談者さんご自身がそういう状況を作り出していると言わざるを得ません。

「2番目の女性」に陥りやすい女性の特徴として、
“気が優しく、相手の言うことに合わせやすい。また、自分の意見を主張することが苦手”だったりします。
自分が好きな相手に彼女がいるとわかっていたとしても、
「彼女がいる人とは付き合わないよ。」
とはっきり言うことができず、なあなあのまま肉体関係を持ってしまいずるずると”付き合っているような付き合っていないような”関係を続けてしまいます。

一度相手に”簡単に自分の思い通りになる”と思わせてしまうと、なかなかその立場関係を覆すことは難しいです。
ですから、2番目にならないためには”2番目にはならないという意思表示”を最初にする必要があるのです。

現在2番目の関係になってしまっているという方はどうしたらいいのでしょうか。

まず、”簡単に自分の思い通りになる”という認識を覆す必要があります。
そのためには、わかりやすく連絡頻度を落としたり、距離を開ける必要があります。
そして、相手から「どうしたの?」という連絡があったとしても、のらりくらりとかわしてください。
今まで思い通りになっていた相手がそうじゃなくなる訳ですから、相手はどうにか思い通りにしようと強引になるかもしれません。
ここが勝負どころです。
ここで折れるのではなく、拒否する訳でもなく「どうしたの?別に普段通りだよ。」とつとめて冷静に振舞うことで、相手は強引にではなくあなたの顔色を伺おうとしてくる可能性が高くなります。

ここまでこれたら大きな進歩です。
2番目の扱いをしていた相手が自分の顔色を伺っているのですから。

ここまですんなりいくかどうかはケースバイケースですが、
あなたが今までとは接し方を変えない限り、今のままの関係から変わることはありません。
2番目の関係に悩んでいる方は是非一度試してみてください。

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

少し自己紹介をさせていただくと、
私たちは電話相談サービス『アンサーズ』です。
数十名のカウンセラーに、あらゆる恋愛にまつわる悩みを相談することができます。

アンサーズが他の恋愛相談サービスと大きく異なる点は、
「具体的に実践できるアドバイス」を行うことです。
なぜ具体的なアドバイスができるのかというと、
これまで20年間『恋愛工作』といって、私たち第三者がお相手やその交際相手に接触して、心理誘導しながらみなさんの望む状況をつくりだすサービスを行ってきたからです。
人の心はどうやって動かすことができるのかを考え続け、あらゆる試みを行ってきたからこそ実感を持ってアドバイスすることができます。

「なんでそこまで分かるんですか?」

と驚かれる私たちの心理分析を是非体験してください。
こちらのページでカウンセラーのプロフィールを紹介しているので、ご覧ください。

水沢 翔子

水沢 翔子先生

現役の別れさせ・復縁工作員。
これまでに関わった工作は120件以上。
AbemaTVやナカイの窓 にもプロの別れさせ屋として出演し、大きな反響を呼び、水沢指名の相談も後を絶たない。
男性・女性問わず数々のターゲットに直接接触し、心理誘導や心理分析を行う中で培ったノウハウを活かしたアドバイスは結果が出ると常に高い評価を頂いている。
また、状況を好転させたり、お相手に働きかけるテクニックだけでなく、クライアントさんの活かすべき部分や改善すべき部分を見抜くことにも長けており、「水沢先生と話すとなぜだかモテるようになる。」と言われているカウンセラー。
好きな相手をオトすテクニックも机上の恋愛論ではなく、「実際に工作で行ない、効果があったもの」からチョイスされるため実践し易いというのも特徴。