ANSWERS アンサーズ
ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

 2016-11-14

◎LINEの距離感

恋愛相談専門のアンサーズです。
今日は、LINEでとるべき相手との距離感についてお話しします。

今やLINEをやっていないという方は殆どいませんよね。
そして、私たちはLINE相談を受けることもしょっちゅうです。
そのLINEのやりとり教えて頂いてアドバイスをするのですが、その中から多くの方に共通する点をお伝えしたいと思います。

一つは、LINEで大事な話をしすぎだということです。
大事な話とは、パートナーとの付き合いについてだったり、お互いの気持ちについてだったりします。
当たり前ですが、LINEは文字情報です。
一度送った言葉は消せません。したがって、あなたが衝動的に送った内容を相手は何度も見返すことになるのです。
会って話していたら伝わったであろうニュアンスも、違って届いてしまうかもしれません。
そして、相手からの返信がなければ、また次のLINEを送ってしまう。

そういった負のスパイラルに陥り、LINEのトークを読み返すとすごく重い内容のやりとりばかりになってしまうのです。

付き合っている時も、復縁を目指すにしてもLINEで付き合いの話に及ぶようなやりとりをしないようにしてください。LINEはあくまでチャット感覚で、軽く楽しめるようなやりとりに終始したほうが、結果的に復縁もうまくいきますよ。

復縁はもちろん真剣であるべきなんですけど、どれだけ相手の気を楽にさせてあげられるかというのも大事です。一度別れた相手と付き合うって慎重になってしまう人が多いんです。そこに対してこちらが真剣すぎると相手にも真面目に考え込んでしまう。
だから、ちょっとふざけるぐらいのテンションで相手に「楽しい」と思わせられるかが復縁の重要なポイントなんです。

軽く楽しむといっても何を送っていいか分からないという方は、スタンプに頼ってみるのもアリです。ちょっと間の抜けたようなスタンプを買ってみましょう。

後藤 美和

後藤 美和先生

年間600件以上の相談を受けるカウンセラー暦15年の大ベテラン。
後藤を支持するクライアントさんの年齢層20~60代と最も幅広い。
状況を立て直すアドバイスだけでなく、クライアントさんも気付いていない感情を引き出すことを得意とし、一緒に笑い一緒に泣けるカウンセラーとして大活躍。

後藤さんと話すとなぜか涙が出て、その後すっきりする。と言われることも多い。
事務所宛にお礼の手紙やファンレターが届くほど熱心なファンが最も多いカウンセラー。