ANSWERS アンサーズ
ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

 2019-03-31

【アンサーズインタビューvol,10】永島祐介〜元LA捜査官が教える!あなたの今いるべき場所とは〜

どんな悩みでも吐き出してほしい

アンサーズコラム編集部です。

皆さんがご相談をする「アンサーズ」のカウンセラーはどんな人たちで、どんな経験をしてきているのでしょうか?

このコラム企画ではカウンセラーの人となりを知っていただくため、インタビュー記事をお届けしています。

今回取材を行ったのは元LA捜査官の肩書きを持つカウンセラー永島祐介。
別れさせ・復縁工作のシナリオ作りやターゲットの心理分析を行う現役の担当者であり、カウンセラーとしても活躍中の永島。
これまでに担当した案件は2000件以上となり、業界経験20年以上の大ベテランです。

インタビューを通してわかった事は、永島の的確な分析力の底にある
「どんな悩みでも吐き出してほしい」という包容力でした。

「今何をすべきかはっきり分かる」と評判の高い永島のカウンセリングの秘訣に迫ります!

アメリカの大学で学んだ人間心理の裏側

インタビュアー(以下、イ):永島さんがアンサーズのカウンセラーになった経緯を教えてください。

永島:私は学生時代、アメリカに留学していたんです。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で、犯罪心理学と犯罪司法学を勉強しました。犯罪司法学というのは日本でいう法学部に実践的な犯罪学が入ってくる学問です。FBIへ行く人が学ぶような内容でした。卒業後もLA捜査官としてアメリカで生活していたのですが、9.11の影響で日本へ帰国したんです。帰国後に探偵業を開始し、その一環としてカウンセラーを始めました。

イ:元々は犯罪にまつわる心理学や司法学を専攻されていたんですね!

永島:人のことを調べるのが好きなんでしょうね(笑)。探偵業も楽しそうだなと思って始めたんです。色々やっていくうちに普通の浮気調査や素行調査よりも、いろんな人間同士のドロドロした不倫に興味を持つようになったんですね。不倫といっても千差万別でいろんな不倫があるので、それが好きになってカウンセラーも始め、今に至ります。人の知られたくないような裏事情が好きなんですかね(笑)。

円満離婚の経験からわかった男性の心理

イ:永島さんの今までの恋愛経験を教えてください。

永島:私は離婚経験があるんです。30歳頃に結婚して7年目で離婚、それから7年になります。子どもが2人いて、再婚はしていません。「お互いの生活のために」という形で円満離婚したんですね。浮気とか何かあったというわけじゃないんです。なので相談者の方へは円満離婚の秘訣をお伝えできると思います。それぞれの人生があっていいわけじゃないですか。でも息子や娘にとって私はずっとパパなので、たとえ離婚しても一生パパとママでいよう、という考えを持っているんです。ドロドロしたご相談が多い中で、この経験はカウンセリングに活かせていますね。

イ:円満離婚の経験がある永島さんからは、どんなアドバイスがもらえるのでしょうか?

永島:男の考え方がわかるんですね。離婚を決める時というのは、最終的に男が決めるんだなと私は思っています。不倫相手の女性に「俺は●月までに離婚する」とか言う男性っているじゃないですか。だいたいそれは嘘です。期限を区切る人ってだいたい嘘なんですよ。無理なんです。離婚ってそんな簡単じゃないんですね。逆に何も言わない人の方が着々と進めていたりするんですよ。相談者の女性が既婚男性に言われている言葉から、その人との可能性やその人の本気度もわかりますね。

既婚男性は不倫相手のためには離婚しない!?

イ:表向きの言葉には表れていない裏側の部分まで見ることができるんですね!

永島:そんな感じですね。既婚男性はたとえ好きな女性がいても、その人のためには離婚しないんです。私の持論ですが、そう思っています。「夫婦お互いのためにこれは良くないな」と思った時に初めて離婚するんです。お子さんがいないのであれば話は別ですが、子どもがいるのであれば好きな女性が理由では離婚はしませんね。

イ:相談者の方からはどういったご相談をよく受けますか?

永島:アドバイスがほしいというよりも、話を聞いてほしいという方からのご相談が多いですね。私は海外経験があるので、国際結婚がらみのご相談も多いです。国際結婚間の不倫や離婚などですね。VISA関連のご相談もあります。一般的な不倫相談ももちろんお受けしています。話を聞いてほしいという恋愛体質の相談者様が多いです。自分の生活の中心を不倫相手にしてしまって悩まれているんですね。8~9割が女性で、年代は30〜40代の方が多いです。

恋愛の自傷行為をやめて、少しでも前へ進めるように

イ:永島さんのカウンセラーとしての特長と強みを教えてください。

永島:私はなんでも聞きますよ。相談者様の悩みを受けます。厳しいことを言うカウンセラーも多いのですが、私は受け入れるタイプですね。アドバイスをしていくよりもまずお話をしっかり聞きます。そこから考えを変えてちょっと前向きになれるようなお手伝いをしていきます。恋愛の自傷行為をしている相談者様がたくさんいらっしゃるんですよ。自分で自分を傷つけてしまっているんです。「なんで?そこまでする必要あるの?」という方も多いので、考え方を変えて少しでも前へ進めるように手助けしていきます。他の人のアドバイスが必要になってくるのはその後ですよね。私はまだその段階にない方のサポートが得意です。

イ:アメリカの大学で学ばれた犯罪心理学や犯罪司法学、LA捜査官などのご経験も活かされていそうですね!

永島:不倫相手に嘘をついていそうな方はわかりますね。不倫は犯罪ではありませんが、「ああ、騙されているな」というのはわかります。「あ、この方はちゃんと考えているな」というのもわかりますね。相談者様のお話を聞いて「この相手はダメだろうな」というのもわかるんですよ。それを相談者様に伝えるべきかどうかは悩みます。

あなたのいるべき場所、教えます!

イ:永島さんのカウンセラーとしてのポリシーを教えてください。

永島:なんでも一回受け入れてあげることですね。吐き出させてあげることです。相談者様は吐き出す場所がなくて苦しんでいる方が多いんです。考え方が偏っていたりおかしな方向に行ってしまっている相談者様を正常な位置に戻してあげたいんですよ。まずは中立地点でいいんですね。例えば都内で言えば八王子まで行ってしまっているような方が多いんです。「一回落ち着こう」と新宿に戻してあげたいんですよ(笑)。そこからじゃないと、八王子にいる方にアドバイスしても、いる場所が違ったら意味がないですよね。なのでまず一度正常な位置に戻してあげて、そこで初めて「これとこれやってみたら」と伝えるように心がけていますね。

イ:最後に、永島さんから相談者様へメッセージをお願いします!

永島:みなさん、どんなに言いにくいことでも、性的な内容でもなんでもいいですから、全部一回私に吐き出してほしいです。嘘偽りなく自分が思うことなんでもいいんです。全部聞きます。それを聞いた上で、客観的にあなたのいるべき場所をちゃんとお教えします!

「こんなときの彼の気持ちは?」
「こんなこと言う彼はどう思ってるの?」
誰にも話せない不倫の悩みを一人きりで抱えていませんか?

アンサーズには永島をはじめ経験豊富な男性カウンセラーが多数在籍しています。
どんな小さな不安やお悩みも、ぜひお気軽にアンサーズへご相談ください。

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

少し自己紹介をさせていただくと、
私たちは電話相談サービス『アンサーズ』です。
数十名のカウンセラーに、あらゆる恋愛にまつわる悩みを相談することができます。

アンサーズが他の恋愛相談サービスと大きく異なる点は、
「具体的に実践できるアドバイス」を行うことです。
なぜ具体的なアドバイスができるのかというと、
これまで20年間『恋愛工作』といって、私たち第三者がお相手やその交際相手に接触して、心理誘導しながらみなさんの望む状況をつくりだすサービスを行ってきたからです。
人の心はどうやって動かすことができるのかを考え続け、あらゆる試みを行ってきたからこそ実感を持ってアドバイスすることができます。

「なんでそこまで分かるんですか?」

と驚かれる私たちの心理分析を是非体験してください。
こちらのページでカウンセラーのプロフィールを紹介しているので、ご覧ください。

永島 祐介

永島 祐介先生

別れさせ・復縁工作のシナリオ作りやターゲットの心理分析を行う現役の担当者であり、カウンセラーとしても活躍中。
これまでに担当した案件は2000件以上となり、この業界では20年以上の大ベテラン。

ターゲットを徹底的にプロファイリングして導かれるアドバイスには、必ず明確な理由があり、クライアントさんの満足度も常に高い。
また、知識の豊富さは誰よりも秀でており、恋愛相談だけでなく金銭トラブルや法律が絡む問題も得意とする。

永島さんと話すと解決策が明確になる。
今何をすべきかはっきり分かる。
と言われているカウンセラー。