ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

MENU

 2020-08-18

カウンセラー宮永に聞く!不倫相談に多いのはどんな悩み?どんなアドバイスがもらえる?

アンサーズコラム編集部です。

アンサーズでは日々たくさんの方々から、不倫のお悩みについてご相談いただいています。

今回は人気カウンセラーの宮永果苗に、不倫相談に多いお悩みについて話を聞きました。

圧倒的な包容力と驚異のリピート率を誇る宮永は、普段どのような不倫相談を受け、どのようなアドバイスをしているのでしょうか?

初めての不倫相談に多いのはこんなお悩み

−不倫相談をされる相談者様にはどのような方が多いですか?

宮永:9割が女性で、ご年齢は20代〜60代の方が多いです。既婚男性と不倫をしている独身女性が約7割ですね。女性側も既婚でW不倫されているケースは、3割ほどです。 

−どのようなお悩みが多いですか?

宮永:初回にご相談いただくことが多いのは、「彼の態度が最近ちょっとおかしい」「連絡が少なくなった」「デートの頻度が減って不安」というお悩みですね。その状況から脱却して、彼との立場を逆転させるためにサポートすることがよくあります。

−男性側の気持ちが冷めてしまうのでしょうか?

宮永:いえ、実は決して男性は冷めているわけではないんですよ。でも女性はそう感じてしまうんですね。彼は全然冷めているわけではなく、何が問題があるわけではなかったりするんです。単純に連絡の頻度が落ちていくということは、よくあることなんですよ。

男性は仕事や趣味など、恋愛の他にも意識が向くので、どうしてもそうなってしまいがちなんですね。そこを踏み違えて「もしかして私のこと…」と思いつめてしまうと、本当は何でもないのに女性から自爆してしまうんです。不倫を初めて3ヶ月〜6ヶ月の方に、このパターンは本当によくありますね。

−女性と男性では感じ方が違うんですね!

宮永:不倫がスタートしてしばらくすると、彼も自分のペースが出てくるんですね。そこを敏感に感じとって、ペースを自分で合わせられる女性は、トラブルになりません。ところが女性がどんどん彼にはまっていくと、連絡も取りたくなるし、もっと側にいたいし、と。24時間、頭の中が彼一色になってしまうんですね。そういった方がとても多いです。

まずは自分と相手を知ることからスタート

−その状況に対して、どのようにカウンセリングしていくのですか?

宮永:私がよくお聞きするのが、「頭のなかの彼のパーセンテージは今どのくらいですか?」ということです。だいたいの女性は80%はいくんですよ。でもそれではアウトなんです。50%行ってはいけないんですね。彼のこと以外に、自分の時間を持つことも大切なんですよ。

−そこからどのようなアドバイスをするのでしょうか?

宮永:アドバイスは相談者様によって全く異なります。私は彼についてのプロファイリングを、かなり細かく行います。「こういうときはどんな反応ですか?」と、LINEのやりとりも全て読ませていただきます。お二人の出会いから、彼の行動についてきめ細かくお聞きし、プロファイリングができた時点で、相談者様と彼に合ったアドバイスをさせていただいています。

−まずは自分と相手を知ることが大切なのですね。

宮永:私は相談者様ご自身にも、パーソナルチェックをさせていただきます。アドバイスをする前に、その人の本質を必ず見させていただくんです。それから相談者様に合った形のアプローチを仕掛けていくんですよ。

まずは今の状態をきちんと見させていただいてから、相談者様の苦手な分野について一緒に何度もお話しして、相談者様の「考え癖」を少しずつ変えていくんです。すると彼へのアプローチの仕方も自然に変わっていくんですよ。そこから彼のほうもしっくりくるようになってくるんですね。ご本人の考え方次第で、状況は変わります。

恋愛のお医者さんとして人生をサポート

−まるでお医者さんみたいですね!

宮永:私は一人一人に合った処方箋のように、アドバイスや宿題もお出ししています。さらに今すぐできるアプローチ方法もお伝えしていくので、体質改善と応急処置を同時進行していくイメージですね。

アドバイス内容はとても具体的です。「このラインにどう返信しましょうか?」「今はちょっと待ってください」など、今すぐ行動できるアドバイスを行いつつ、「あなたの本当の目的は何ですか?」と本質の部分へもどんどん入っていきます。

−相談者様にはどのような変化が起こりますか?

宮永:以前に行ったパーソナルチェックを後日もう一度行うことで、大きな変化がわかります。例えば、以前は「自分の気持ちをうまく出せない」という結果が出ていたものが、「自分を自由に出せている」という嬉しい結果に変化するんです。

−なぜそこまでの変化が起こるのでしょうか?

宮永:自分の気持ちの出し方がわからない場合、そこから自分の気持ちを伝えるための言葉の出し方を一緒にトレーニングしていくのです。自分の気持ちをきちんと出すには、そのための「伝え方」があるんですよ。日本人には自分の気持ちをうまく伝えられない方が多いですよね。そう育てられているので仕方のないことなのですが、私のカウンセリングではそこを変えていくんですよ。

−もう不倫の相談の域を超えていますよね!

宮永:ご本人の人生があっての上での不倫なんですよ。ですから私は不倫の相談はもちろん、「私はこれで大丈夫でしょうか?」というような、人生の本質の部分のご相談も受けていきます。そこが変わると不倫も変わる。それをわかっているからなんですね。

私たちの目標は相談者様の後ろ姿を見送ること

−相談の頻度はどのくらいの方が多いのでしょうか?

宮永:1週間に1回、1ヶ月に2回とさまざまです。緊急事態は1日に何回もご相談いただくこともあります。朝から夜まで5分〜10分と短い時間で何度もお電話いただき、「大丈夫、大丈夫!」と状況を確認していくんです。そういったときのサポートが相談者様に一番必要なことなので、しっかり支えていきますよ。

−宮永さんなしではいられなくなりそうですね(笑)。

宮永:最終的にセルフコントロールできるようにサポートしていくので、私へのご相談の頻度は自然と減っていくんです。その後は「あっ」と不安になったときに、「これでいいですか?」とご相談いただければと思っています。「最近うまくいっているんですよ、宮永さんありがとう!」と、数ヶ月に1回、ご報告だけくださる方が何人もいらっしゃって、とても嬉しいですね。

−相談者様がカウンセラーに依存してしまうようなことはないのでしょうか?

宮永:それはカウンセラーとして、絶対にあってはならないことですね。アンサーズのカウンセラーは、その人がその人らしく歩いていく後ろ姿を見送ることを、最終目標として目指しています。ですので、彼とうまくいって一旦相談終了したけれど、その次の恋愛で悩んだ時にはまたご相談くださる。そういう相談者様がたくさんいるんですよ。困ったとき、必要なときにアンサーズを使っていただけたら、一番いいと思っています。

心から共感できるのは自分も過去に悩んだからこそ

−宮永さん自身は不倫で悩んだことはありますか?

宮永:私はもともと依存体質で、不倫でも、彼から依存されることで私が彼に依存するという共依存の状態でした。一番厄介なパターンだったのですが、それに気づかずにずっと苦しんでいました。

彼のために100%時間を使って、頭の中は彼だらけ。仕事も家事も手につかず、彼にものすごく束縛されて、つらい日々を過ごしていました。でも彼には、私以外にも不倫をしている女性がいることがわかったんです。それでも好きだから離れられなかった。それほどまでに、どうしたらいいかわからない状態だったんですよ。

−その苦しい状況からどのように抜け出したのでしょうか?

宮永:あるとき、はたと気づいたんです。ある人から「あなたの頭の中で彼は何%なの?」「あなたは本当に彼のことが好きなの?」と聞かれたんです。その言葉に衝撃を受けて、目が覚めました。その人との出会いが、カウンセラーを目指そうと思ったきっかけの一つになりました。不倫の経験は苦しかったけれど、だからこそ相談者様の悩みにも心から共感できるんですよ。

「わかってもらえた!」相談者様から溢れ出る涙

−不倫相談を受ける際に心がけていることは何ですか?

宮永:とにかく傾聴することです。相談者様の話に耳を傾け、徹底的に受容と共感をすることから始まります。相談者様自身のことがわからなければ、いいアドバイスは絶対にできません。ご本人からその先の彼まで、きちんとプロファイリングができて初めて、きちんとした答えを出していける。それをいつも心がけています。

−最後に、不倫相談をしたい方へメッセージをお願いします。

宮永:相談者様のお悩みはさまざまです。「こんな相談していいのかな」「こんなこと言ったら恥ずかしいかな」「自分がおかしいのかな」、そういったことは一切思わなくて大丈夫です。そのままのあなたで来てください。私はそのままの気持ちをきちんと受け取って、次に進むステップを一緒に考えていきます。

カウンセリングしていると、相談者様はよく涙を流されるんですよ。誰かに共感してもらえた、わかってもらえたという瞬間に、皆さんツーっと涙を流される。そこまできちんと気持ちを受け取ってサポートする、それがカウンセラーであるという信念を持って、日々相談者様と向き合っています。

−私も涙が出そうです…。宮永さん本日はありがとうございました!





とびきり明るく力強い、宮永の言葉。「でもちょっと抜けているところもあるんですよ」と笑う彼女は、あらゆる悩みを受け止める包容力だけではなく、飾らない等身大の魅力にあふれていました。

彼への気持ちの伝え方が知りたい方、彼との立場を逆転したい方、とにかく話を聞いてほしいという方は、宮永へ是非ご相談ください!


↓過去のインタビュー記事はこちら↓
【アンサーズインタビューvol,4】宮永 果苗〜鏡に映る自分が見える、心のバリアの外し方〜

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

少し自己紹介をさせていただくと、
私たちは電話相談サービス『アンサーズ』です。
数十名のカウンセラーに、あらゆる恋愛にまつわる悩みを相談することができます。

アンサーズが他の恋愛相談サービスと大きく異なる点は、
「具体的に実践できるアドバイス」を行うことです。
なぜ具体的なアドバイスができるのかというと、
これまで20年間『恋愛工作』といって、私たち第三者がお相手やその交際相手に接触して、心理誘導しながらみなさんの望む状況をつくりだすサービスを行ってきたからです。
人の心はどうやって動かすことができるのかを考え続け、あらゆる試みを行ってきたからこそ実感を持ってアドバイスすることができます。

「なんでそこまで分かるんですか?」

と驚かれる私たちの心理分析を是非体験してください。
こちらのページでカウンセラーのプロフィールを紹介しているので、ご覧ください。

宮永 果苗

宮永 果苗先生

とにかく優しく、包容力溢れるカウンセラー。
「辛くてしんどいときには宮永さんに受け止めて欲しい」というクライアントさんも非常に多い。「自分に自信が持てない」「これでいいのかとても不安になる」という方が宮永からのアドバイスに背中を押され、前向きになっていく光景は後を絶たない。全ての人に母親のような愛情を持って、誠実に答えを出していくカウンセラー。