トップページ > 成功事例一覧 > 成功事例
復縁相談成功事例
復縁に成功した方から頂いた、アクア復縁サポートへの感謝の声をご紹介いたします!

復縁工作
2014/06/20(Fri)
【case3 調査+復縁工作前編】尽くしすぎて重いという理由で振られた女性の復縁工作

復縁工作アクアの成功事例では、
過去に行った復縁工作事例をお客様の許可を得て公開していきます。
※個人を特定できる情報に関しては修正を加えております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
依頼者:40代女性・未婚者・公務員
対象者:20代後半男性・未婚者・銀行員
【工作難易度 ★★★☆☆ 】
料金:120万円+成功報酬30万円(特定調査3回、事前調査5回、工作22回)/エコノミー実働30回プラン

あらすじ:依頼者Aさんは付き合うととことん尽くしてしまうタイプで、重荷に感じた対象者Bさんに半年の交際の末、振られてしまった。諦めきれないAさんはアクアに復縁工作の依頼を決意。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
調査+復縁工作前編

調査と並行して、依頼者(以下、Aさん)のサポートを開始しました。
Aさんは精神的に対象者(以下、Bさん)に依存しきってしまっていました。
このままでは、復縁工作を試みても再び重いと避けられてしまいます。
Aさんはもともと趣味でネット通販をしていてかなり売上を上げる程積極的な方なので、
辞めていたネット通販を再開したり、友達と遊ぶことから始めてもらいました。

連絡を取りたくて仕方ないとのことでしたが、
私たちに依頼したという安心感からなんとか踏みとどまれているようでした。

調査はというと、
Bさんに新しい恋人の影はありませんでした。
基本的に家と会社の往復ですが、月、水の週2回は仕事帰りに必ずスポーツバーに立ち寄ることが分かったので、工作員の接触はこちらのスポーツバーで行うことにしました。

ある月曜日に男性工作員が一人でスポーツバーに行くといつもどおりBさんが飲んでいました。
この日は話すわけでもなく軽く会釈をするのみに留めました。
そして次の週の月曜日、
同じ男性工作員と女性工作員2人で9時頃店に行くとBさんはまだ来ていないようでした。
調査段階でBさんの定位置は分かっていたのでその横に座って待つことにしました。
10時を過ぎた頃Bさんが来店し、いつもの席に座りました。
先週挨拶したことを話のきっかけに、会話を進め仲良くなることに成功。
ただ、その日は恋愛の話までは掘り下げず、翌週に飲む約束をして別れました。

翌週、約束の日にBさんは来てくれました。
その日に初めて、工作員の二人は以前付き合っていて、時間が経ってからまた友達として仲良くなったということを伝えました。するとスイッチが入ったのかBさんも今までの恋愛話を始めました。

案の定Aさんについては、
重すぎるとか自分の時間を持てなくなりストレスが溜まったという理由で別れたことが分かりました。
そして、今は復縁したいという気持ちはないけど、Aさんのことが心配だと話していました。
別れた理由がはっきりしたことと、Aさんに対して激しい負の感情があるわけではないことが分かったので次の工作へと移行しました。
次はプライドの高い対象者の心を動かすための復縁工作です。



Copyrights(C) 2010-2013 AQA GLOBAL SUPPORT Co,Ltd. Allrights Reserved.