トップページ > 成功事例一覧 > 成功事例
復縁相談成功事例
復縁に成功した方から頂いた、アクア復縁サポートへの感謝の声をご紹介いたします!

復縁工作
2015/10/30(Fri)
【成功事例】交際相手に突然振られてしまった女性

復縁相談専門のアクアです。
今回は復縁工作の成功事例をご紹介します。
※個人を特定できる情報は改変しております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1年付き合った彼に突然振られてしまった優子さん(仮名)。
振られた時も彼は「ごめん、もう付き合っていけない。」というばかりでなぜ振られたのか分からない。彼に問いただしても連絡もろくに返ってこなくなってしまいました。
「もうだめなのかな。」
と諦めようと思った優子さんでしたが、せめて振られた理由だけでも知りたいと弊社に相談に来られました。ご相談を受けるうちに、やっぱりもう一度付き合いたいという抑えつけていた
思いが溢れてこられて、復縁工作をご依頼されました。
まず、私たちが彼を調査すると、ある女性と会っていることがわかりました。
優子さんに確認するとこの女性は彼の元カノだと判明しました。
彼は、元カノと再会しヨリを戻したということでしょうか?
工作を進めると明らかになってきたのは、元カノの情緒が不安定だということでした。
彼と元カノのデートを尾行すると、1日に何度かは周りの人が振り向くような大声でどなったり、座り込んで泣き喚いている様子でした。
この調査結果を受けて私たちは、ある仮説を立てました。
それは「情緒不安定な元カノに迫られて断れない彼が相手をしてあげている」だけなのではないかということです。元カノに工作を仕掛けて、彼から気をそらすことで十分復縁できるチャンスはあります。恐らく彼に愛情はないからです。あるのは情だけではないかと踏んでいました。
この私たちの読みは当たりました。
元カノに男性工作員を接触させるとすぐ番号を交換することができました。
元カノはいわゆるLINE魔で男性工作員に1日何十通もLINEを送ってきていました。連絡を続けるうちに会おうという話になり、元カノと男性工作員は食事をしました。
その時、男性工作員にした指示は2つです。
それは、"上から目線"なのに"優しくエスコートする"という2点です。
私たちは、LINEでのやりとりから元カノは"相当依存心と支配欲が強い"と考えていました。こういう女性は、上から目線で接することで判断を相手に任せるようになるのです。相手に身を任せている女性が優しくされると、非常に好意を持ちやすくなります。
その結果、元カノは1回目のデートから男性工作員にはっきりと「好き」というようになりました。
男性工作員は、元カノに「他の男とは連絡はとるな」というと何の疑問もなく彼との連絡を絶ったようでした。

それからは優子さん自らの工作です。
元カノと連絡を取らなくなっている彼に、久しぶりにメールをしました。
優子さんがご相談に来られてから4ヶ月後のことです。彼とは半年ぶりの連絡でした。
彼からはすぐメールが返ってきて、トントン拍子に会おうということになりました。
彼も優子さんと会うことを求めているようでした。
休日の昼にランチをした二人は、そのまま夜まで一緒に過ごされました。
そして、ディナー中に元カノについての話をされたそうです。

「もう一度付き合ってくれないと死ぬ。」
そう言われて一緒にいることを選んでしまった彼。
優子さんと別れてからすごく後悔していたそうです。
元カノから連絡がなくなったことをきっかけに関係を終わりにしようと決心していたところ、優子さんから連絡があったそうです。
すべての工作タイミングがうまく噛み合った瞬間でした。
二人は、再び付き合うことを選ばれ、その後も幸せにお付き合いされているようです。
ほんわかした雰囲気が似ているとてもお似合いのカップルです。



Copyrights(C) 2010-2013 AQA GLOBAL SUPPORT Co,Ltd. Allrights Reserved.