トップページ > 成功事例一覧 > 成功事例
復縁相談成功事例
復縁に成功した方から頂いた、アクア復縁サポートへの感謝の声をご紹介いたします!

復縁サポート
2015/06/05(Fri)
【復縁コラム】求めるほどに離れていく

こんにちは、復縁相談専門のアクアです。
今日は、復縁の成功事例というよりも復縁したい方に向けた心の在り方についてお話ししたいと思います。

実際のケースに沿ってお伝えしますが、個人情報に関する部分は一部内容を変更しております。
以前ご相談にいらっしゃったSさん。
Sさんは3年程不倫をされていました。
お相手は、会社の上司のTさん。
同じ部署で働くうちにTさんからアプローチがあり、既婚者と知りながら付き合うことに。

Tさんは小学生のお子さんがいるものの、離婚してSさんと結婚すると言っていたそうです。
しかし、3年経ってもTさんが離婚に動いている気配がなく喧嘩が絶えなくなり別れることになりました。
Sさんは、またTさんに未練があり、復縁を迫ったがのらりくらりとかわされてしまう状況で、弊社に復縁サポートの相談に来られました。
なぜ、Tさんは3年も付き合いながらも離婚すると言うアクションに踏み切らなかったのでしょうか。
実はSさんがとってしまった行動が引き起こしていたのです。

そして、この問題は復縁にも共通しています。
つまり、相手の離婚を願う独身の方と、復縁を願う方の状況はかなり似ているということです。

どういうことかというと、
「相手の方が精神的に優位な状態」だということです。
どちらの場合も相手の決断にすべて委ねられていますよね。
"相手が離婚を決断する"
”相手が復縁を決断する”ということです。
すなわち相手の離婚を願う独身の方と、復縁を願う方には相手が行動したくなるように仕向けることしかできないのです。

その関係性の中で、「離婚してよ!」「復縁してよ!」という要求は絶対NGです。
これは、相手に対して"自分に主導権がある"ことを強く認識させ、より相手の立場を強くするのです。

ですから、よりTさんは動かない状況は、Sさんが離婚を迫ったことにより作られていったといっても過言ではありません。

では、そんな状況から状況を逆転する方法はあるのでしょうか?
結論から言うと、あります。
不倫をしている方にも、復縁を望んでいる方にも是非実践していただきたい方法です。

その方法は、次回お伝えします。



Copyrights(C) 2010-2013 AQA GLOBAL SUPPORT Co,Ltd. Allrights Reserved.