ANSWERS アンサーズ
ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

 2015-03-13

復縁工作が失敗するパターン

恋愛相談専門のアンサーズです。
今回のタイトルは少々刺激的ですが、恋愛相談専門の依頼をお受けする際に依頼者様に必ずお伝えしていることがあります。

恋愛相談専門のを失敗に終わらせない為にとても大事なことです。

【1】普段と違う行動をとらない。
依頼者様の相談ケースの中には、対象者と会える場合があると思います。
例えば、同僚やサークルが同じなど別れてからも顔を合わせるケースなど。
そういう時に、私たちにより詳しい情報を提供したいと考え、普段聞かないことを聞いたりしてしまう方がいらっしゃいます。いきなり、恋愛相談専門のを疑う方はいないですが、何となく怪しいなと思われてしまい調査や恋愛相談専門のがとても進めづらくなる場合があります。
ですので・・・依頼者様にはいつも通り振る舞うことをお願いしています。
詮索しないととれないような情報は私たちが調査することができますのでご安心ください。

【2】情報を漏洩してしない。
これは一発アウトです。
例えば契約書や私たちの名刺など、明らかに探偵だと分かってしまう資料を対象者に見られてしまうとどうしようもありません。一緒に住んでいなくても見られてしまうリスクはあります。
過去にも、カバンの中に入れていて見つかってしまったというケースがありました。
どうしても心配な方は契約書や名刺を弊社にお預かりしておくことも出来ます。
確実に進める為に気をつけてください。

【3】対象者に接触しない。
これは今までのコラムでもお伝えしましたが、会うことはもちろんメールや電話もこちらがお願いするまで一切してはいけません。過去のケースで私たちが調査で対象者の家を張込んでいた時、依頼者様が車で現場に来ていたことがありました。その際は、対象者に見つからなかったのですが、ストーカー扱いされてしまっては復縁できる可能性は限りなくゼロになります。また、私たちまで怪しまれてしまうことになります。もちろん、依頼者様が連絡をしたくなる気持ちも理解しています。その気持ちを和らげ、前向きになれるよう復縁カウンセラーを用意しています。連絡を取りたくなってしまったらお電話をしてください。1ヶ月もすれば、連絡をしないことに慣れてきます。

上記が、恋愛相談専門の際に依頼者様に絶対しないようにお願いしていることです。
私たちの復縁技術と依頼者様の忍耐の先に復縁の成功があります。