ANSWERS アンサーズ

アンサーズは電話で本格的な恋愛相談ができるサービスです。

MENU

 2021-03-27

W不倫から略奪するには?

電話で本格的な恋愛相談ができる「アンサーズ」を運営するアクアグローバルサポートです。今回のテーマはW不倫。お互いに家庭がありながら惹かれ合い、付き合いに至ってしまった2人。いわゆる片方だけが既婚者状態の一般的な不倫とも違うので悩みは尽きることがありません。今回はそのようなW不倫中の女性の悩みを多く引き受け、日々的確な分析とアドバイスを行っているエース級相談員“水沢”に女性の心理を紐解いてもらいました!

離婚してでも彼と一緒になりたい!それは本心ですか?

W不倫中の女性から「彼と一緒になりたい!」という相談を受けることもありますが、私は「それは本心なの?」と問いかけますね。実は口だけで、ただの言葉遊びになってしまっている方も多いのが事実です。でもそれが当たり前だと思いますよ。

というのもW不倫の場合はお互いに家庭があって、夫も子どももいる女性でしたら彼といる時の顔と家庭で見せる顔の2つを持ち合わせているものです。彼と一緒にいる時には「大好きだからずっと一緒にいたい」と思っても、家に帰って子どもの顔を見たらリセットされてしまうもの。それどころか何も知らない夫の顔を見て後ろめたさすら感じるかもしれません。それらを全て捨てて、彼と一緒になりたいと思うのはよほどの場合です。覚悟も要りますし、失うものも当然あるでしょう。

だから私は、安易に「離婚して一緒になりたい」と言う相談者様に対しては「それは本心ですか?」と厳しく問いかけるようにしています。

W不倫と不倫の違いは?

W不倫と不倫。最大の違いは「帰る場所がある」「守るべきものがある」この2つではないでしょうか。W不倫の女性の場合は、例え彼との恋愛が成就されなくても帰る場所があります。そして恋愛よりも優先して守るべきもの―子どもがあります。これらがあることによって、いくら彼のことが大好きでも「一緒になりたい」という熱量が最大化されることはめったにないのです。

一方彼だけが既婚者の不倫では、極端な話彼女には帰る場所も守るものない。いわば失うものは何もない状態です。だからこそ全力で恋愛にぶつかっていき、何としてでも彼と一緒になって幸せを手にしたいと思うのです。その熱量には圧倒的な差があります。ただしW不倫でも本気の場合もありますので、その時はまた違ったアプローチをとることになりますね。

W不倫で彼に離婚を望むなら、自分が先に離婚すべき?

奥さんから彼を奪いたい!と本気で思ったらどうしますか。その時は彼を離婚させることよりも、自然と自分の離婚が先にくるものだと思います。しかし自分が離婚に向かう時に「私は離婚するからあなたもしてね」という態度を決してとってはいけません。自分の離婚と彼の離婚はまったく別の問題なので、切り離して考えてください。自分の離婚は切り札ではないのです。

考えても見てください。夫と子供を捨ててあなたのところへ行く、というのは重すぎませんか?あなたのために離婚するというのはプレッシャー以外の何者でもありません。もし自分が離婚を決意したのであれば、それは彼の知らないところで水面下で進めるべきです。孤独な作業かもしれませんがそこは耐えるしかないのです。

そもそも誰のための離婚か。それは自分のためです。夫も子どももありながら恋愛していることに対する自己矛盾、そして家族に嘘をついていることの罪悪感、自分たち夫婦や子供の将来へ悪影響…離婚の要素はたくさんあるかと思いますが、いずれにしてもこれらを解決する上での自分なりの最善の選択が「離婚」であれば、それは否定することはできません。

しかし、自分で決めて行動に移して終わりというのもまた違います。「彼と出会うことによって人生に真正面から向き合うことができた」、そして「自分の幸せのために離婚という選択をした」ということで、彼のための離婚ではなく彼と出会うことによって選んだ離婚であれば、そのことは伝えてもいいのではないでしょうか。

本気は伝わる。お互いの成長の先に

W不倫だということとは関係なく、本気の恋愛をしていればその空気感は相手にも伝わるものです。出会い、恋に落ち、やがて必要な存在になる…。

本気の恋愛ではお互いが影響を与えあい人生を大きく揺さぶります。世界の見え方が変わり、考え方や価値観も今までと同じではなくなってしまうかもしれません。お互いが大きく成長し、人生が良い方向に切り開かれていくのであれば、それはもう夫や妻以上の存在ではないでしょうか。

本気の恋愛=もはや恋愛の域を超えている

相手のことを本気で想えば、相手にも想いが伝わりそして一緒に生きることを選択してくれる。=略奪できる。
確かに、一言に集約して言えばこうなります。

ですが、そんな簡単なことではないのは当事者である皆さんが一番分かっているはずです。
厳しい言い方をすると世の不倫系ブログが耳当たりの良い事ばかり言うので、期待を持って不倫が長引いている方が多くなっているように感じます。

不倫から略奪して彼と一緒に生きていける方には、一定の条件があります。

「彼が離婚を選ぶタイプ?」
いえ、略奪できるかできないかは彼の人間性の問題ではありません。

略奪できるかどうかは100%とは言わないまでも、かなりの多くの割合が女性側に掛かっていると私たちは考えています。
だから「女性側をサポートすれば状況h打開できる」という信念の元アンサーズというサービスを提供している訳です。

これまで略奪してきた女性には共通点がありますし、その女性たちであれば言い方は失礼ですが違う男性でも略奪できたんだろうなと思う訳です。

その方々は、共通して覚悟が決まっていて、常に男性に積極的に働きかけていました。

彼女たちのメッセージはこうです。
「あなたはどう生きたいの?あなたの人生がプラスに向かうことが一番だと思っているし、そこに私が必要なら一緒にいる。違うなら今すぐにでも別れる、時間の無駄だから。」
一見するとサバサバしているようですが、彼女たち以上に彼の幸せや成功を願っている人はいないと私たちは思います。
彼にもそれが伝わって「彼女なしに今後の人生が考えられない」となる訳です。

そこには恋愛感情といった短期的な感情の話ではありません。
言い換えるなら人生感情です。
これからの人生を見通した上で、相手が自分に必要なのか。

人はどこか無意識でも人間関係においてメリットを考えて選択しています。
彼女といるメリットに気がつき、彼女を失うデメリットに怯えた時男性は離婚という選択を本気で考え始めるのです。

つまり略奪する上では、
「自分の必要性を感じさせつつ、あなた次第でいつでも去る気持ちがある」
という意志の強さを見せる必要があるのです。

略奪婚までのストーリーを抽象的に伝えるとこんな感じです。
これはアンサーズでは完全に法則化できています。

人によってアプローチは変わりますが、具体的なアクションに落とし込むことができるのです。
私たちのノウハウを完全に落とし込んだ略奪カリキュラムの第4章『母親のような無償の愛を与える』にも略奪する上での大事な考え方を記載しています。

興味がある方は有料にはなりますが見てみてください。
禁断の略奪カリキュラムはこちら

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

少し自己紹介をさせていただくと、
私たちは電話相談サービス『アンサーズ』です。
数十名のカウンセラーに、あらゆる恋愛にまつわる悩みを相談することができます。

アンサーズが他の恋愛相談サービスと大きく異なる点は、
「具体的に実践できるアドバイス」を行うことです。
なぜ具体的なアドバイスができるのかというと、
これまで20年以上『恋愛工作』といって、私たち第三者がお相手やその交際相手に接触して、心理誘導しながらみなさんの望む状況をつくりだすサービスを行ってきたからです。
人の心はどうやって動かすことができるのかを考え続け、あらゆる試みを行ってきたからこそ実感を持ってアドバイスすることができます。

「なんでそこまで分かるんですか?」

と驚かれる私たちの心理分析を是非体験してください。
こちらのページでカウンセラーのプロフィールを紹介しているので、ご覧ください。

水沢 翔子

水沢 翔子先生

現役の別れさせ・復縁工作員。
これまでに関わった工作は120件以上。
AbemaTVやナカイの窓 にもプロの別れさせ屋として出演し、大きな反響を呼び、水沢指名の相談も後を絶たない。
男性・女性問わず数々のターゲットに直接接触し、心理誘導や心理分析を行う中で培ったノウハウを活かしたアドバイスは結果が出ると常に高い評価を頂いている。
また、状況を好転させたり、お相手に働きかけるテクニックだけでなく、クライアントさんの活かすべき部分や改善すべき部分を見抜くことにも長けており、「水沢先生と話すとなぜだかモテるようになる。」と言われているカウンセラー。
好きな相手をオトすテクニックも机上の恋愛論ではなく、「実際に工作で行ない、効果があったもの」からチョイスされるため実践し易いというのも特徴。